映画興行について

movie life

映画興行について


映画というのは投資であり、その投資に対してどれくらい回収できるかが問題となります。
一般的にボックスオフィスが宣言するフロップとは、投資したぶんの資金が回収できず、興行は失敗に終わったことを意味します。日本の映画はどちらかと言えば国内向けが多いので、興行成績は主にドメスティックが注目されることとなります。
他方、ハリウッドやインド映画などは国内外の興行が注目され、ボックスオフィスでも双方の収益がどれくらいあるのかが注目されています。面白いことに、海外での上映が盛んに行われているハリウッドやインド映画などは、国内と海外で全く興行が異なることがあります。国内で不発だったものが意外と海外で大ヒットすることもあるので、またその逆もしかりです。
海外のマーケットを対象として制作される映画の興行は、国内のみならず海外を含めた収益を見込んで映画の予算が立てられます。そのため、予算が高額になる傾向があるといいます。


recommend

【口コミで評判のプロ家庭教師】東京の信頼できる家庭教師ランキング!

最終更新日:2018/11/13


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) movie life ALL RIGHT RESERVED